エラの張った顔、アゴ削りでスッキリとしたフェイスラインに・・・

いざ、手術へ

エラを何とかしたい | アゴ削りを勧められる | いざ、手術へ | 長年のコンプレックスから解放された

どのような手術なのか具体的に教えてもらったのですが、歯茎の下を切開する、エラの骨と筋肉を削るなど、かなり大変そうな手術だという事がよくわかりました。
いろいろ不安はありましたが、一度手術を受けるとその効果は永遠に続く事、また担当医師がこれまでたくさんの実績を積んできている事などが決め手となり、思い切って施術の予約を入れました。
手術はカウンセリングから2か月後に行われました。
3日間の入院が必要なので、長期休暇が可能な夏休みにしてもらう事にしたのです。
全身麻酔をするため、前日から食事制限があり、当日はかなり緊張した面持ちでクリニックへ向かいました。
私の緊張している表情を見て、看護師さんが「今日で生まれ変わりますね。
心配しなくても大丈夫ですよ。
」と優しく声をかけて下さいました。
人生で初の全身麻酔ですが、特に気持ち悪くなる事もなく、あっという間に意識が薄れていきました。